このローソク足だけ覚えればFXで勝てる

手法

FXでは必須スキルと言われるローソク足についてをここで解説をしていきます。

また、これだけ覚えておけば問題がないローソク足の形についてもお伝えします。

 

このローソク足だけ覚えればFXで勝てる

いきなり本題になりますが、ローソク足で覚えて欲しいものはl非常に簡単です。

実体が小さくてヒゲが片方に長いということです。

 

トンボやトウバが理想で、ピンバーとも呼ばれるものも対象になります。

十時線ではダメな理由としては上下にヒゲがあるので迷っていると判断をするからです。

スクリーンショット 2020-01-08 18.03.10.png

 

これを覚えれもらえれば他のローソク足の種類は無視をしても大丈夫です。

中々いいタイミングでこの足の形が出ることはないので実体が小さければOKです。

 

相場の状況次第にはなりますが、実体の小ささは安値と高値の幅の3分の1と考えていればいいと思います。

FX ローソク足

FXでローソク足が示すもの

FXに置いてローソク足が示すものはシンプルに言うと価格と値動きです。

 

その通貨ペアの価格がいくらなのか?

そして、どんな推移をしているのかを表示しています。

元々ローソク足は日本人が作成しています。

 

海外ではバーチャーとやラインチャートが有名なので日本特有と考えてもいいと思います。

 

個人的にはバーチャートを見るならローソク足でいいと思います。

ラインチャートはもっとシンプルに相場を見たいときに表示をすると,終値だけが表示されるので期間が1の移動平均線のような動きをします。

 

今まではこのような動きをしていて、その中で今この瞬間にこのローソク足の形になると言うことは相場の参加者がどう考えているのかを表現しています。

歴史を学び同じ失敗を犯さないようにするのと同じです。あなたもローソク足を見てあなた以外の人が取引をしているのかを知ることで戦い方がわかります。

 

過去の戦いの状況を分析している中で今のローソク足を見て現状の自分以外の敵がどう判断をしているかを考えて利用したり、逆を突くことで利益につながります。

FX,ローソク足

FXでローソク足の重要性

FXで損益につながる理由は値動きです。その値動きを表す足を知らないと言うことは致命的です。

 

絶対に覚えていきましょう。

 

FX初心者がローソク足で月37万稼げる3つの理由とは?

 

価格の値動きで利益を出すのに、その「値動きとはなんですか?」という状況は上で無くなったと思います。

次に考えて欲しいのはもっと根本的な部分です。シンプルに考えていきましょう。

 

ローソク足は4本値と言われていて始値・終値・安値・高値で構成されています。

始値と終値を結んだものが実体で高値安値までの距離がヒゲです。

 

当たり前のことですが、これしかありません。

 

ヒゲが多いと言う事は一度値段を試したが戻ってきたと言う事です。

つまり、ヒゲのある方には抵抗があるので反対に進む可能性が高いと言う事です。

 

ローソク足一本単位で見るとこうなりますが、全体を見ると上昇中の一瞬の下落は押し目になります。

この押し目もヒゲと捉えることができますよね?

 

 

そう考えると見ている時間足の期間の中での相場の変動ということです。

 

 

1分の間の値動きと1日の間の値動きを見ることで全体的な状態での今の1分の傾向がわかります。

 

これを利用したものが複数時間足分析です。またの名をマルチタイムフレーム分析です。

 

ローソク足を勉強したのであれば複数時間足分析も一緒に覚えていきましょう。

 

FXで必須知識マルチタイムフレーム(MTF)とは?

 

FX ローソク足

 

実際のFXでのローソク足の使用方法

次に実際にどのようなポイントでのローソク足がいいのかを解説していきます。

 

基本的にはラインやインジケーターの線などに対してヒゲだけが進行方向の外側にいき、実体はラインやインジケーターを超えていないということが大事です。

 

手法的にロールリバーサルの部分で解説をしていきます。手法に関しては下記から確認ください。

 

ロールリバーサルはFX最強手法?

 

スクリーンショット 2020-01-08 18.38.00.png

 

この赤枠で囲っている部分の足がそれです。

 

意識されていた水平線を一度上に終値できちんと超えた後の戻りになります。

この足で取引をすると上昇トレンドの一瞬の下げ、つまり押し目買いになります。

 

次に移動平均線に関してです。

水平線と同じくトレンド中の赤枠になります。

 

ローソク足を覚えるだけで綺麗なトレンドの押し目買いができます。

スクリーンショット 2020-01-08 18.36.24.png

 

水平線と移動平均線両方とも重なるような場面だとより多くの人が見ているので綺麗に反応をすることが多いです。

こういった部分だけを徹底していきましょう。

 

また、人によって水平線の引く位置や移動平均線の期間や種類なども変わります。

なにがいいのかわからない場合は下記LINE@から気軽に連絡してください。

 

LINE@

タイトルとURLをコピーしました