FXの初心者がローソク足で覚えるべきたったの1つの形とは?

FX 初心者 ローソク足 手法

FXや株などの投資をする日本人の大半が【ローソク足】を利用しています。

その中であなただけ知らないと、非常に大きな格差が出ます。

その結果、大きな金額を失います。

 

そうならないためにここできちんと勉強をしていきましょう。

その前に、【ローソク足】をみたことがない人は

下記から証券会社の登録を行い、確認しましょう。

 

FX初心者こそXMという証券会社を登録しよう

 

FX初心者は必ずローソク足を覚えよう

FX 初心者 ローソク足

では、【ローソク足】を簡単に説明をしていきます。

 

FXは、価格の差を元に損益が発生していきます。

その値動き【ローソク足】が表しています。

 

火のつくあのローソクに似ているため【ローソク足】と呼ばれるようになりました。

また、【ローソク足】は日本人が江戸時代に作ったと言われています。

FX 初心者 ローソク足

こんな風にたくさん並んでいて、その一つ一つを【ローソク足】と呼びます。

さらに、【ローソク足】の集合体を、【チャート】と呼ぶことだけまずは覚えましょう。

 

FX初心者に向けたローソク足の仕組み

FX 初心者 ローソク足

次に、呼び方などではなく中身に入っていきましょう。

【ローソク足】が示すものは、価格です。

 

しかも、一定期間の間の値動き全てを表していきます。

 

具体的には一定期間の下記を表します。

①始値(はじめね)・・始まりの価格を示す

②終値(おわりね)・・終わりの価格を示す

③高値(たかね)・・・最も高い価格を示す

④安値(やすね)・・・最も低い価格を示す

FX 初心者 ローソク足

左が陽線で、下の①から始まり②で上に上がり終わりました。

そのため上昇を表します。

 

反対に右の陰線は、

上の①から始まり下の②で終了したため、下降を示しています。

 

①から②の間は四角になり、【実体】という呼び方です。

次に、③の高値と④の安値は、一定期間内に一度は到達した価格です。

 

高値は一定期間内での1番高い価格で

安値は反対で一定期間内での1番低い価格を表します。

 

一度通過だけすると、四角の【実体】ではなく線で表示されます。

その名前を【上ヒゲ・下ヒゲ】と呼びます。

 

四角の上にある線=上ヒゲ

四角の下にある線=下ヒゲ

という風に覚えていきましょう。

 

後ほどこちらを詳しく解説をしていきます。

 

ここまでが【ローソク足】が表す内容になります。

次によくある間違いなども踏まえて使い方を説明してきます。

 

FX初心者がよく間違えるローソク足の使い方

FX 初心者 ローソク足

FXでは、この【ローソク足】を使う方が大半です。

しかし、変な覚え方をしている人もいるので正確に覚えていきましょう。

 

復習ですが、【ローソク足】は一定期間内の値動きを表現します。

肝心な一定期間はどれくらいの長さなのかが大事になります。

FX 初心者 ローソク足 時間足

上記のように1分から毎月などがあります。

あなたのやりたい取引に合わせて設定をしていきますがここでは割愛します。

詳細希望の方は下記を参考に決めていきましょう。

 

FX聖杯手法を初心者が5時間で勉強する

 

この時間の考えで大事なことは、1分足が60個集まると1時間足になるということです。

当たり前の考え方ですが、最初は沢山練習がしたいなど考えるために短い期間を選ぶ人がいます。

 

ただ、その場合大体失敗をするケースがほとんどです。

 

大事なことは、どれくらいの情報量が入っているかということです。

FXの値動きは、多数決のようなもので決まります。

そのため、みんなが同じように判断をする基準を探すことが大事です。

 

FXは、日本のみならず全世界で土日以外24時間動いています。

その多くの人が参考にしているのは、1時間足以上の【ローソク足】です。

 

その理由は、取引をするときや分析をする上でちょうどいい時間軸だからです。

また、1分間だけの情報よりも1時間分のデータの方が信頼できますよね?

 

そういった理由で【ローソク足】や、そのまとまりの【チャート】に関しても

初心者だからこそ、FXでは1時間足以上を見るようにしましょう。

 

そうすることで、綺麗な形になりやすく理想像が決めやすくなります。

次に実践的に使用しやすい考えと必ず覚えるべき【ローソク足】の形を伝えます。

 

FX初心者はこのローソク足だけ覚えよう

FX 初心者 ローソク足

FXを始めたての初心者こそ1時間足以上を見るようにと伝えました。

次に覚えてほしいことは、意味ではなく形になります。

 

この【ローソク足】1本の形を覚えると、【チャートパターン】というものと同じです。

例えば1分足60個でチャートパターンになりますが、まとめたら1本の1時間足を見る方が楽ですよね?

本来は両方とも見るようにしていきたいのですが、考え方を覚えていきましょう。

 

まず、【ローソク足】は実体とヒゲで構成され

 

①実体はどれだけ実際に進んだのか、

②ヒゲは一度試したが抵抗を受けたもの

という考えでいて下さい。

 

腕相撲と同じで始まりと終わりを結ぶのが実体。

それ以上の振れ幅がヒゲで抵抗されて押し戻されたということです。

 

あなたが必ず覚えるべきは、この抵抗を受けたから反発して戻ったということです。

 

私は、このヒゲというもので反発を確認してから取引をします。

その理由は、きちんと抵抗を受けたか確認をしないと危険だからです。

 

そのため、形としては下記のパターンを覚えて下さい。

FX 初心者 ローソク足 時間足

上昇中には水平線で抵抗を受けては反発をしてヒゲだけになる。

その結果抵抗があるため上昇をしやすい。

 

反対に下降中は、上で反発をして上ヒゲになり下降をしやすい。

ということだけ覚えて下さい。

 

下記が実際にその場面を囲ったものになります。

陰線・陽線は問わずこれほど機能するため必ず覚えていきましょう。

FX 初心者 ローソク足 時間足

上記の画像のようにどのような流れでどこでどんな形の【ローソク足】が出るかが大事になります。

 

実体が大きい時=その方向に進む勢いが強い

実体が小さい時=勢いが弱く停滞や方向転換の可能性高

 

ヒゲが長い時=ヒゲのある位置や方向での抵抗が強く、反転しやすい

ヒゲが短い時=抵抗が少ないため、その方向に進みやすい

 

十字の【ローソク足】は始値も終値も同じなのでかなり拮抗している場面です。

 

一気に方向感がわからなくなるため、見守るようにしましょう。

 

最後に

【ローソク足】は初歩中の初歩で基本になります。

ただ、何事も基本をおろそかにしては行けません。

 

チャート画面には、元々【価格】と【時間】しか表示がありません。

その両方を示す【ローソク足】は必須の内容になるため、何度も読み直しましょう。

 

何度も読み返すことで、水平線に対して【ローソク足】がどんな形なら取引できるか学びましょう。

この【ローソク足】を元に深い分析をして取引ポイントを見つけたり、どこで止めるかを決めます

 

どんな流れの時にどんなローソク足が出るとどんな意味なのか?

これを常に考えるようにして下さい。

 

また、方法に関しては下記にまとめてあります。

下記に記載しているおすすめの取引方法を確認ください。

 

FX聖杯手法を初心者が5時間で勉強する

タイトルとURLをコピーしました