FXで常勝トレーダーが行う水平線の複数時間足分析方法

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム 手法

FXにおいて大事なことは、価格を読むことです。

そのために私が大事にしていることは、水平線を引くことです。

 

水平線があることで価格がどこからどこの間で推移をしているのか過去が分かり、それに基づきこれからどう動くのかも予想がしやすくなります。

その水平線の引く時間足を変えることで情報量が変わり信ぴょう性につながっていきます。

 

この記事ではその信ぴょう性のある部分とはどこなのか?時間足が変わることでどこを意識する方がいいのかを解説していきます。

 

まずは水平線について知らない人はこちらを確認してください。

 

FXで最強のライントレードとは?

 

FXで常勝トレーダーが行う水平線の複数時間足分析方法

勝ち続けているトレーダーの特徴としてライントレードをしていることと、複数時間足(マルチタイムフレーム)の分析を行なっていることが挙げられます。

 

なぜライントレードなのか?

そして、複数時間足分析も同時に行なっているのか?

その理由をこれから解説していきます。

 

簡単に説明をすると、価格を基にした取引をするためインジケーターを基にした取引よりもライントレードの方が再現度が高いです。

そして、複数時間足の分析では、情報量の違う時間足を使用することで信用度が変わります。

そのため、再現度が高く信用性の高い素晴らしい取引が可能になります。

 

 

あなたが望んでいる取引は今日だけしか使用できないような手法でしょうか?

それとも、1つの時間足だけを見て他の意見を全く無視して我が道を貫く自己満足のトレードでしょうか?

両方とも違いますよね?

 

 

だからこそこの記事を読んで理解し、再現性が高く多くの情報を元にしてトレーダーとしてきちんとした実力をつけて欲しいです。

 

 

シンプルに考えてもらいたいことがあります。

 

それは、勝っているトレーダーのコピーをできたらどうでしょうか?

あなたもそのトレーダーと同じ成績を出せますよね?

 

ただ、いつまでも人を頼りにするよりも自分で実力をつけてあなたの好きな時間に取引をしたりすることの方が大事ですよね?

 

だからこそこのブログを読んできちんと勉強をしようと頑張っていることは知っています。

 

ここからきちんと深く勉強をしていきましょう。

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

FXで水平線を複数時間足で引く理由

では本題に入っていきます。

FXにおいてライントレードをすることは再現度が高い有効的な手法になります。

 

詳細については下記にてご説明をしているので確認後読み進めてください。

 

FXで最強のライントレードとは?

 

この上のものでどうしてライントレードがいいのか、どこで取引をすべきなのかは理解いただけたと思います。

 

次に覚えて欲しいものは、複数時間足でラインを引くということです。

私の推奨している取引手法はロールリバーサルという手法なのですがこちらに関しては下記から確認をしてください。

 

ロールリバーサルはFX最強手法?

 

このロールリバーサルで使用するラインを引く場所をここでは解説をしていきます。

 

具体的に引く場所は、どの時間足でも同じですが、絶対に覚えておいて欲しいことがあります。

それは、日足と1時間足は見て絶対にラインを引いて欲しいということです。

 

 

これから取引をしようとMT4を開いたときに覚えていて欲しいことは、自分が取引をする通貨の日足をまずは確認をすることです。

そこで、最低限水平線を引き今は、どことどこの水平線の間で推移をしているのか?

そして、どこからどこまで動く気配があるのかを考えます。

 

そうすることで、上昇の方向か下降の方向なのかで取引ポイントを限定することができます。

すると、トレードの厳選をすることができ、損切りが小さく利益は最高で日足レベルの値動きまで狙うことができます。

 

次に、1時間足に直して水平線を引きます。

ここで気をつけて欲しいことは、時間足ごとに水平線の色を変更するということです。

下記のように水平線を引いた後にダブルクリックをすると画面の端に・マークがつきます。

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

そうなると編集ができる状態という意味なので水平線の上で右クリックをします。

その後1番上のプロパティをクリックします。

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

下記画面になるので赤矢印で色の変更。

青矢印で太さの変更。

 

緑矢印で線の特徴変更。黄色矢印はヒゲや実体と引いているラインが重なり見にくくなるので四角をクリックしてチェックマークを入れておいてください。

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

これを行うことで得られる効果はあなたがいつも見て取引をする足を見たときに上位足の水平線を一瞬で見つけることができることです。

 

そして、その上位足の水平線を元にして見ている時間足で、ちょうどロールリバーサルになる部分を探すことで損切りを見ている時間足の値動きに合わせて損切りを小さくできます。

さらに、値動き自体は上位足の値動きを狙うことができるので損小利大のトレードができます。

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

複数時間足で水平線を引いたFXトレード方法

先ほどまでで水平線を引く理由と複数時間足でのやり方を簡単に説明したと覆います。

次に具体的な部分を画像も含めてご説明をしていきます。

 

おさらいですがやっていただくことは、日足・1時間足の順番で水平線を引き、取引を行いたい時間足に変更をします。

その後、ローソク足を元にして取引を行う形になります。

 

まずは日足ということで水平線を引いていきます。

次に1時間足、私が良く見て判断をしている5足と次々に水平線を引いていきます。

 

ここに関してですが、日足が赤で1時間足が青、5分足が緑という風にしてあります。

コツとしては、日足と1時間足に関してはだいぶ大雑把にラインを引くことが大事です。

 

それらが下記画像になります。

 

日足

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

1時間足

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

5分足

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

エントリーポイントとなるのは、上位足の日足もしくは1時間足の水平線で5分足のローソク足を見ることです。

水平線ギリギリまで引きつけることで損切り幅を小さくしながらトレードポイントも多くすることができます。

 

下記が具体的な取引ポイントです。

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

5分足での水平線も引き直近の高値もしくは安値の少し外側に損切りを置き、その2倍を利益を狙うpips幅にしています。

黄色の線で表記をしてあるの私がやるものになります。

そして、矢印が取引方向と取引ポイントになります。

 

日足の水平線と5分足の水平線も引ける状態で2重に重なります。

また、直近で日足ラインを抜けましたが損切りラインまでも距離がかなりあるのでかなりいいポイントです。

 

 

また、利益確定の10pipsまでも直近で下降トレンドの始まり付近なので上昇する可能性はかなり高いと判断できます。

 

取引ポイントの上の緑の水平線の少し上が+5pipsラインになります。

そこを上抜けした場合は、損切りの位置を取引をした価格に戻すことを行います。

 

そうする事で、もし損切りになったとしても、プラスマイナスゼロにできます。

さらに、利益を伸ばし続けることが可能なのでできるだけ利伸ばし(トレール)はしていきましょう。

 

トレールに関しては下記から

 

FXで利益を3倍にさせる利伸ばし(トレール)とは?

 

そして、FXMT4を使用した取引方法に関しては下記から確認が可能なのでご確認ください。

 

XM(MT4)でのFX5つの注文方法とその操作方法

 

成り行き注文をしてすぐに損切りと利益確定の注文をしたらあとは待つだけです。

その後の結果を見ていきましょう。

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

 

ここまで利益を伸ばすことができます。

黄色の当初予定していた利益確定価格までその後素直に伸びてくれました。

 

また、青の1時間足の水平線の部分までも伸びています。

どんどんと損切りの位置と利益確定の位置をトレンド方向にずらしていくことで利益が最大化されます。

 

青の1時間の水平線までで約13pipsほどなので損益に対して2.6倍を狙うことができます。

こんな形の取引が毎日できれば最高ですね。

 

また、一度緑の真ん中のラインまで下がってきたりしているので、再度青色の水平線を上にブレイクした後にまた青色の水平線で良いローソク足の形があれば再度トレードが可能ですね。

 

 

FX,水平線,複数時間足分析,マルチタイムフレーム

まとめ

複数時間足を使うことで自分が見ている時間足よりも多くの人が見ている=信ぴょう性のある水平線を引くことができるようになります。

 

そして、いつも自分が取引する時間足で見直すことで取引ポイントが増えるのと同時に損切りは小さく、利益は最大にすることができます。

現行の時間足ではトレンドではなくても上位足がトレンドであれば現行時間足のトレンドの初動から一気に値幅を狙えます。

 

今回のように反発だけを狙うのではなく、あえて今回のポイントを見逃した後のロールリバーサルのポイントに絞る方法もありだと思います。

 

取引回数を取るか勝率を取るかの問題なのであなたのFXへの考えで変わります。

一緒に考えることも可能なので下記からなんでも質問をしてください。

 

 

ご質問や相談希望の方や今後情報を受け取りたいという方は下記から登録をしてください。

LINE@

タイトルとURLをコピーしました