FXの取引の質を上げるMTF(マルチタイムフレーム)とは?

手法

FXではマルチタイムフレームフレームや複数時間足監視、さらにはMTFなんてことが言われることがあります。

このマルチタイムフレームですが、簡単に言うと同じ通貨でも色々な時間足を見ましょうということです。

 

これができるようになると、勝率や1回の取引利益の増加さらには月ペースでの利益の増加なども狙うことができます。

これからその理由とどのように実際に見ていくのか?

そして、どう活用していくのかを解説していきます。

 

FXの取引の質を上げるMTF(マルチタイムフレーム)とは?

まず、マルチタイムフレーム(複数時間足分析)と言うものは先程説明した通り、様々な時間足を見ていきましょうというものです。

例えばサラリーマンであれば取引時間をあまり確保できないので日足の方向に沿って五分足で取引をするというようなことです。

 

まず足って何?というスタートの人は下記を確認して下さい。

 

FXの初心者がローソク足で覚えるべきたったの1つのこととは?

 

マルチタイムフレーム(複数時間足分析)を行うことで何ができるのかを考えてみると、その有効性を分かっていただけると思います。

 

基本的にマルチタイムフレーム(複数時間足分析)で手に入れたいものは、取引の質を高めるということです。

 

いつもの手法でルールを守って取引をしているのになぜか負けたり、損切り方向への値動きが激しく利益方向に値段がなかなか進まない。取引が多くできる手法なのでポジポジ病になってしまう。

 

こういった人にこそ覚えて欲しい技術になります。

難しいことは無く、チャートを分析できる人であれば複数の時間足での分析をするだけです。

 

 

マルチタイムフレーム(複数時間足分析)はFX以外にでも言えるのですが、大きな期間の中で今の動きを考えると言うことです。

 

 

お金持ちになりたい、今の生活を抜け出したいと考える中で今であればFXを学び、お金を稼ぐチャンスを作ることと同じです。

 

このマルチタイムフレームの考え方は長い流れを考えて今のチャンスを利用することで、

「あの時ああやっておけば良かった~」と人生でも後悔することが減ります。

 

サッカー選手になりたいのに野球部に入るような真似はせずに、サッカーの強豪校を目指して受験と練習の両立はきつい中やるようなものです。

 

FX,マルチタイムフレーム,複数時間足監視,MTF

 

マルチタイムフレーム(複数時間足分析)をする理由とは? 

先ほど話をしたように、長い目線と短期的目線を考えて取引をしようと言う考えなので無駄な取引が減ります。

 

いつも5分足を見て取引をする人が1時間足や日足を見てトレンドであれば、そのトレンドの方向に向けてだけ取引をするとどうなりますか?

 

そうです、トレンドの反対方向に値段が動きにくく(値幅が小さく) なりますよね。

これだけを意識するだけで損切りが小さくなります。

 

5分足、1時間足、日足全てがトレンドであればどうなるでしょう。

5分足の損切り幅で大きな1時間足や日足の値幅の利益を狙うことができ爆益になります。

 

取引回数で利益を上げるよりも、取引回数を絞り利益を上げるやり方の方が精神的に保ちやすい人が多いです。

 

さらに、その時間がないと言う方が多いのでマルチタイムフレーム(複数時間足分析)を活用してください。

多ければ良いと言うものでは無く、量より質という発想になると思います。

 

 

よく考えてみてください。

家族や自分の時間を作るために働いているが家族や自分の時間がない。

 

 

そんな人生を変えるために、FXで利益を上げて脱サラしたいという声を聞きます。

脱サラしたとしても、チャートを12時間常に見続けているのであれば職場が家に変わっただけで意味ないですよね?

 

1日2~4時間ほどでサラリーマン、いやそれ以上の収益を上げたいと考えているのは量より質という考えと同じです。

つまり、マルチタイムフレーム(複数時間足分析)を活用することでFXをやる理由にも、FX自体での成績のアップにも繋がるようになります。

 

FX,マルチタイムフレーム,複数時間足監視,MTF

 

マルチタイムフレーム(複数時間足分析)と言うが、どの時間足を見るのがいいのか?

ここまで読んでいただいて、マルチタイムフレームの良さは分かっていただけたと思います。

ただ、実際にどんな風にしたら良いのか?

 

それは、今あなたが見ている時間足よりも長い時間足を同時に見るだけです。

5分足を見ている人は、15分30分1時間4時間日足週足となります。

 

ここで1つ問題が起きます。

 

 

 

それは、面倒臭いと言うことです。

 

 

これぐらいやれよと言う方ももちろん大勢います。

それくらい真剣に考えてやるべきことではあるとは思うのですが、私はかなりのめんどくさがりで短気です。

なので「そんな見てられん」と本気で思います(不快な思いをしたらすいません)

 

私の場合はどうしているのか?

 

それは、自分が見ている時間足の2つ上を見て+α日足の方向に逆らわない。

これだけです。

 

根本的に考えて今からあなたは時間足を変える必要性はそこまでないと思います。

手法は基本的に誰もが違うので自分にあったペースでチャートを見れて、さらに取引回数もちょうど良いものがメインの時間足として良いと思います。

 

結果として言えることは、今あなたが見ている時間足(取引をする時間足)の2つ上の時間足でも同じように分析をして同様の状態ができた時に日足の方向に逆らわなければそれで良いと思います。

 

下記の画像が5分足と日足になります。日足の青の四角が下の方の5分足で表示されている足の部分になります。

日足では直近で下降の傾向があるので取引は下降のみにしようと決めるだけでも勝率と利益を高める条件として最低限機能します。

FX,マルチタイムフレーム,複数時間足監視,MTF

マルチタイムフレームの2つの活用方法

あなたに合っている時間足+その2つ上の時間足と日足を見ていると言いましたが私の組み合わせや取れる時間別の参考例をここでは紹介をします。

 

また、私がオススメするライントレード での活用方法についても同時に説明をしていきます。

私の場合1日長くても4時間しかチャートは見れません、時間があっても見たくないと言うのが本心です。

その中で通貨は5分足で4通貨ほど見ています。

 

5分足にしている理由は取引のチャンスが数回ある中で1日で最大2回ほどしたいと考えているので15分足では無く、5分足を見ています。

 

そして、2つ上の時間の1時間足でも5分足同様の手法で用いる水平線を引いています。

 

水平線でのライントレード に関しては下記から確認ください。

FXで最強のライントレードのやり方とは?

 

サラリーマンの方や日4時間ほどしか見れないが毎日取引をしたい人は5分足と1時間足がオススメかなと思います。

月に数回の取引でも良いという方に関しては、1時間足と日足での監視をすれば時間にかなり余裕のある取引が可能になると思います。

 

下記の画像が5分足と1時間足で青い枠で囲っているのは、先ほどあった画像の日足と同じ部分になりますので比較してみてください。

1時間での現在価格がちょうど水平線として意識されている価格の近くということが分かると、5分足での取引の参考になったりしますね。

FX,マルチタイムフレーム,複数時間足監視,MTF

 

肝心のマルチタイムフレームでの分析の仕方ですが2つあると私は思います。

 

1つ目が上位足(取引をする足よりも長い時間足)でのトレンドの有無と方向の確認。

2つ目は普段見ている時間足と同じ分析方法を行うことです。

 

1つ目に関しては簡易的な分析方法で上位足のトレンド方向に沿って取引をすることで、上と下両方の取引から確率の高い一方だけの取引に絞る効果があります。

 

もう1つの上位足で同じような分析を行う方は取引回数を上位足ベースで判断をして、細かい分析を普段見ている時間足で行うと言うものです。

 

5分足と1時間足で考えて見ると、1時間で水平線を引くことで5分足と比べて情報が多く信用度が上がり、より機能しやすい水平線となります。

その水平線近くでの値動きを1時間足の12分割することで、細かく分析をすることができます。その結果ベストの取引のタイミングで行うことができると言う使い方になります。

 

この2つのやり方ですが両方行うことがベストで忙しい人は1つ目だけでも効果は実感できると思います。

また、ポジポジ病の方に関して非常に有効な手段となります。

回数が多ければ良いと言うものでもないと言うことを一ヶ月もあれば実感することができます。

 

自分にあった時間足や手法による分析方法の相談なども下記から受け付けています。

悩んでいる人は下記LINE@の登録をして質問をしてください。

ご質問や相談、私からの情報を今後も受け取りたいという方は下記から登録をしてください。

LINE@

ja.png

タイトルとURLをコピーしました