ロールリバーサルはFX最強の聖杯手法?

FX,ロールリバーサル 手法

私はロールリバーサルを活用するトレードが最強の聖杯だと考えています。

その理由や実際にどのように取引をしていくのかを解説していきます。

 

まず初めに、ロールリバーサルにはラインを使用していきます。

そのため、ラインの引き方が分からない人は下記を必ず読んでラインの引き方を勉強してから読み進めてください。

FXで最強のライントレードとは?

 

ロールリバーサルはFX最強手法?

それでは実際にロールリバーサルがなぜ私は最強だと思うのかを説明をしていきます。

大きな理由としては、一生涯使用できる手法で損小利大な高勝率の取引ができると考えているからです。

ロールリバーサルを使用するとどうしてそれが実現をするのかを説明をしていきます。

 

 

まず、ロールリバーサルはラインを使用していきます。

例えばレンジ相場で上下にレンジの範囲として水平線が引かれているとします。

その水平線を突き抜けると今度は再びレンジの範囲内に戻ろうとすることを妨げる効果があります。

 

その力を利用して取引をするものがロールリバーサルです。

トレンドラインやチャネルライン(トレンドラインを水平に移動させたもの)、もちろん水平線でも使用することができます。

 

覚えていただきたいことは、一度抜けて再び戻った部分が狙い目でそれをロールリバーサルと呼ぶと言うことです。

では、先ほどのレンジ相場での水平線を用いたロールリバーサルで説明をしていきます。

まず、レンジ相場の水平線(上下弦のライン)を抜けた時はトレンドになりやすいと言うことです。

トレンドについて解説をしている記事でも説明をしているので省略をしますが、まだ見ていないと言う人は下記から確認をしてください。

 

FX初心者でも一瞬でトレンド相場を見つける方法

 

FX,ロールリバーサル

 

そのトレンドになりそうと言うことは、高値か安値のどちらかしか更新をしていない状態のことを言います。

つまり、まだ高値と安値の両方ではないのでトレンドになりそうな状態と言うことです。

 

では、片方が水平線を抜けていてもう片方の価格がどこで止まるかが予想できたらどうでしょうか?

上昇トレンドになりそうであれば、水平線を上抜けした後にどこまで安値が下がってくるのか?

下降トレンドであれば、水平線を下に抜けた後に価格はどこまで上昇して再度下降していくのか分かればトレンド相場の押し目買いとして、最高のポイントで取引ができますよね?

 

 

つまり、ロールリバーサルとは、先ほど抜けた水平線まで価格が戻ってきた時に反発をしていたら、取引をすると言う手法になります。

大きな分類で言うとライントレード と言う手法になるのですが、その中の1つのやり方というイメージを持っていただければと思います。

 

ラインの近くに来たら取引をするというものではなく、ラインを抜けて再度ラインぎわまで戻ってきた時に反発をした時にだけ取引ということです。

先ほど言ったようにトレンドの押し目を予想することができれば損切りがかなり小さくでき、トレンドに乗ることができるので大きな値幅を狙うことができます。

 

さらに、トレンドに乗るということは、レンジ相場でどちらに動くか予想ができない状態と違い、一定の方向性の方に進む可能性が高いため、勝率も高くなりやすいです。

(あくまで私の主観です、手法は人それぞれですので)

 

ライントレードで価格の値動きがある程度予測できている状態ができている中で、ロールリバーサルで取引をするポイントをさらに絞ります。

量よりも質を重視することで取引回数が少なくても、大きな利益につながっていきます。

 

FX,ロールリバーサル

 

ロールリバーサルで注意する3点とは?

それでは次は,実際にロールリバーサルでの取引の説明をしながら3つの注意点も同時に説明をしていきます。

 

まず、ロールリバーサルはラインを使用します。

つまり、ラインが引けない人はこのロールリバーサルは使用できません。

ですので先ほども言いましたが「ラインとは何か?」「ラインの引き方がわからない」「ラインの種類はいくつかあるがどれがいいか分からない」という人は下記を確認してから続きを読み始めてください。

 

FXで最強のライントレードとは?

 

まず、ロールリバーサルの手法でのポイントは、一度抜けたラインに再び戻ってくることです。

戻ってくる定義として、ラインまでかなり近づいて来ていて、なおかつ反転をし始めていることがわ私のルールになります。

 

私なりの反転の考えについてはローソク足での分析があり、ある特定の足の形になれば反転という風に決めています。

それを知りたい方は次の項目でローソク足について解説をしますので楽しみにしていてください。

 

2つ目としては、トレンドの方向には逆らわないということです。

ライントレード をしていくにあたり、FXで私が推奨をしているにはレンジ相場の逆張りではなく、トレンド相場の押し目買いです。

 

そして、ロールリバーサルを活用することで、トレンドにこれからなるかもしれない部分や実際に押し目の部分で取引が可能になります。

せっかく勝率や利益率をあげるために行うのにトレンドを無視していては意味がなくなるので徹底をしてください。

 

最後は上位足に逆らわないということです。

先ほどのトレンドに逆らわないというものと少し関係して来ます。

 

5分足でロールリバーサルがあり、価格が下がるほうに向けて取引を行おうとしている時に上位足の日足や1時間足が上昇トレンドの途中だとどうなりますか?

 

せっかく損切りを最小限に抑えたポイントで取引をしているのに、ズルズルと価格が上昇して損切りとなってしまいます。

そんな事態を防ぐためにも、上位足の進んでいる方向に逆らわないように進めていきましょう。

 

上位足との関係を時間足を変えて行いたくないズボラな人は、上位足の移動平均線20日に合わせて設定をすることでも可能です。

 

FX,ロールリバーサル

 

FXやバイナリーオプションで使えるロールリバーサル時のローソク足とは

私の中で取引をする足は実は決めています。ローソク足自体の説明や特徴などに関しては下記からご確認ください。

 

FX初心者がローソク足で月37万稼げる3つの理由とは?

 

ロールリバーサルの時は水平線やトレンドラインなどのラインにヒゲが触れているが、実体では超えていないことが前提です。

さらに、反転を確認をしたいので出来るだけ水平線などに近づいていて、実体が小さいほど良いと私は決めています。

 

まずは、水平線に近くなるにつれてどんどんとローソク足は小さくなる必要がある。

それは、水平線で反発するためにもどんどんと力が弱くなる必要があるからです。

 

そして、水平線のすぐ近くに来た時に実体が小さいままヒゲだけで水平線を超えていることです。

その際のローソク足が陰線か陽線かに関してはどちらでも問題がないと私は考えています。十時線だったりもする可能性があるからですね。

そこまで絞ると取引ができないと言う理由もありますが(笑)

 

条件としてまとめてみましょう。

・水平線に近づくにつれて実体が小さくなる。

・水平線を超えているのはヒゲだけ。

・反転したと判断をするのは終値で行う。

・水平線を超えているヒゲよりも実体の方が小さいこと

この条件を守った時に次の足が始まった瞬間に取引を行います。

 

このローソク足に関してとロールリバーサルの両方ができるだけで、バイナリーオプションでは絶好のタイミングで取引ができるようになります。

さらに、FXに関しても損切りが小さく利益が最大になるポイントでの取引が可能になります。

 

FX,ロールリバーサル FX,ロールリバーサル

 

ロールリバーサル実例

実例として綺麗なトレンド相場でのロールリバーサルでの反発をお伝えします。

ローソク足的にはかなり妥協をしている部分ではありますが、ロールリバーサルを覚えるとすると非常に綺麗な部分になるので、下記画像を見て「あ~こうゆうところか」と分かっていただければと思います。