FXの2つの損益の仕組みを理解して成功する方法

FXの2つの仕組みを理解して成功する方法 手法

・FXって仕組みが分からないから怖い

・FXで大損して借金まみれで破産とかヤダ

・何でお金になるか分からないから胡散臭い

・身近にFXをしている人がいないから怖い

・FXってCM見るけど実際何か分からない

 

そんな声をよく聞きますが、投資というもの自体はあなたの身近にあります。

 

そして、その仕組みをきちんと理解して利用できるようなレベルに行くことで大損する可能性を極端に減らしながら利益を上げて成功を収めることはできます。

 

これからはFXの仕組みやどうすると利益が得て成功を収めるかを解説していきます。

FXの2つの損益の仕組みを理解して成功する方法

まず、FXと聞くとイメージはギャンブルという人や怖いという考えの方がほとんどです。

しかし、現実は違います。

 

人間は今までの経験を元に未体験のものを予想します。

つまり身近ではないことや新しいものに関しては、恐怖しかありません。

反対に言えば情報を得てやることができれば、その考えは変わります。

 

FXは簡単に言うと八百屋さんと同じなのでこれから簡単に説明をします。

 

まず、100円のトマトを買い105円で売れば5円の利益です。

では10,000円を、持っていて100円のトマトを買えるだけ買います。

 

その後トマトが全て105円で売れたら利益はいくらですか?って事をしてるだけなんです。

 

ちなみに答えは10000円÷100円=100個トマトが買えて、1個105円-100円=5円の利益となります。

 

100個×5円=500円となります。

つまり、10,000円を使い500円の利益が出たと言う事ですね。

 

これを実際の店舗や在庫、人件費などが八百屋ではかかります。

しかし、FXではその費用をかけずに行えるので、FXをする時の軍資金だけで済みます。

 

実際に八百屋さんの場合は、先程の500円という利益から人件費やテナント料(家賃)などを払わないといけないため利益は減ります。

利益が出るかどうかは八百屋もFXも分からない。

 

その前提で、あなたは初期費用や時間を投入したいと思いますか?

 

どちらも100万の利益が出ると仮定した場合でも

FXでは軍資金(八百屋でいう仕入れ代金)があればすぐに始められます。

他にかかる費用はありません。

 

 

これで実際の店舗などを運営・経営するよりも効率的と分かっていただけたと思います。

 

 

また、ネットビジネスと呼ばれる実店舗ではないがWEB上で販売するものも同様で、他の部分にお金をかけないといけないです。

(広告費、サーバー代等)そう考えるとFXは費用も少なく、同じことを繰り返すだけで個人完結できて良いとは思いませんか?

 

投資は直接的に人とは関わらなくて良いものです。

ストレスの原因の人と直接関わることがなくなるのは楽ですよね。

 

事業を始めると考えるとFXの資金効率は良い。

Wi-Fiがあれば好きな場所で好きな時にできる。

 

何かから自由になりたいのであれば、このFXの仕組みを利用することが成功に近いと私は思います。

 

FXで稼ぐ以外考えられない

 

FXの2つの仕組みを解説

では、今度はFXの専門用語なども少し交えつつ話していきます。

八百屋さんのトマトでの仕入れと販売で利益が出る仕組みが分かっていただけたと思います。

 

FXの仕組みとして覚えてもらうことは2つあります。

①価格の変動が損益になる

②自己資金を担保に高額の取引が可能

 

これだけです。

 自己資金を担保にするというのは、融資を受けることと同じようなものです。

それではそれぞれ細かく説明をしていきます。

①価格の変動が損益になる

これは単純に安く買って高く売るものです。

しかし、FXでは反対に売りからでもお金が増えます。

つまり、価格が低下することで利益を出すこともできるということです。

 

 

空売りと呼ばれていて、簡単に言うと物がないのに売って後で返すイメージです。

 

 

八百屋で言えばトマトが200円で売れすぎて在庫がなくなり、近くの八百屋さんからトマト200個を借りて販売をしました。

その後トマト200個を返す時に、トマトの価格が200円から100円に減っていたと同じです。

 

同じ数を返すだけなので200個を返しました。

しかし、1個200円だったのが1個100円で済みました。

そうなると、利益は1個あたり100円となり、合計で20,000円ということです。

 

このようにFXでは、価格が上昇しても下降しても利益を得ることができます。

さらに、FXの場合は八百屋でいうトマトのような季節に関係するものではなく、日常的に必ず必要になる通貨で取引をします。

 

予期せぬ日照不足や自然災害の影響を比較的受けにくく、価格は安定しています。

そのため価格の予想がしやすくなります。

 

通貨なので1ドル100円で手に入れて105円で換金すると5円の利益になる。

これを大量にやりましょうというものです。

 

FXの仕組み①

数×変動した価格=損益

②自己資金を担保に高額の取引が可能

①で説明したように、取引する数が多くなればなるほど同じ価格差でも損益は大きくなる仕組みです。

「投資をしたい」「FXをしようかな」と考える人は大きな金額を手に入れたいと考えていると思います。

そうなると数億円という資金がある訳でもないと思います。

 

現実的な数値だと元手の資金が5万円ほどでも月で5000円でも稼いだりもっと大きな額を狙いたいと考えてはいませんか?

 

そんなあなたに朗報です。

実現できます。

というのも5万円を元手に4440万円分の取引ができます。

意味が分からないのと、金額にびっくりすると思うのできちんと説明をしていきます。

 

お金が少ないけど高額利益が出る取引がしたい。それを実現するFXの仕組みをレバレッジと言います。

 

このレバレッジというものは簡素に言うと、担保です。

家を買うときに一般的に頭金を払いますよね?

払ったからこそ信用が生まれて審査に通り安くなり、家という高額なものが手に入ります。

 

これと同じでFXを取引する時には基本的に証券会社を挟みます。

 

この証券会社に対して、あなたの資金を投入します。

すると証券会社があなたの資金に対して「何倍までなら貸してあげるよ」という制度です。

 

日本国内では最大で25倍までしか無理ですが、私が使っている会社では888倍まであります。

同じ金額の取引がしたい時に25分の1で済むか 888分の1の資金で済むかどちらがいいでしょう。

 

私の場合はお金がない時からスタートしているので、負担が少ない888倍の方が軍資金が少なくて済むので助かりました。

ここで1つの疑問が出ている人がいると思います。

 

 

それは、「1ドル手に入れるのに100円くらいしかかからないじゃん。なんでわざわざ証券会社に頼ってまでやるの?」という疑問です。

 

 

このFXの仕組みとしてお金を証券会社に預けます。

証券会社によって最低で購入する通貨数が決まっていることが原因です。

良くある最小の通貨の単位数は10,000個です。

 

日本円でドルを手に入れる時は10,000個×1ドルの価格になります。

1ドルが100円でも100万円の取引になります。

100万円がないのでレバレッジを、かけて取引をします。

 

もう一つの理由として少ない元手で利益を大きく手に入れるには、より多くの通貨数で取引をしないといけないため、必然的にお金が足りなくなるということです。

 

もちろん高額での取引をしているので損失も大きくなり、自分でお金の管理ができない人は破産します。

例えば5万円を証券会社に入れて取引をし100万円の損失を出したら95万を追加で払わないといけないですよね?

 

この足りない金額を追証(おいしょう)と呼びます。

私が使用している証券会社は追証がなくレバレッジが888倍まであります。

つまり1万で取引をして1億負けても入金した1万だけが減ります。

 

その後の95万円は払わなくて良いんです。

初心者におススメなので今の段階で口座を開設しておいてください。

私と同じ証券会社の口座開設は下記からできます。

 

FX初心者が3分で出来るMT4の登録・ダウンロード方法

 

FXの仕組み②

自己資金×レバレッジ =取引可能金額

FXの仕組みをどう利用するか

長くなりましたがFXの仕組みが分かり、成功するにはこのFXの仕組みを利用する必要があると理解いただけたと思います。

 

次に実際にどういった使い方がいいのか?と悩むはずです。

 

私の場合は初めてFXをやる時に失敗をしています。

仕組みを理解していれば防げたお金でした。

そうならないためにも、私の経験を聞き同じことはしないでください。

 

「投資って分からないけどCMでやってるこの会社のFXやれば儲かるんでしょ?やってみよ」

と国内の証券会社に登録して5万円を入金して取引を始めました。

 

調べながらようやく取引をしましたが、取引の辞め方(決済の仕方)が分からなかったんです。

ズルズルと自分の予想とは反対に価格が進んでいきました。

 

結果として自分は追証含めて約15万円近く損失になりました。

知っていればこんな損失は出さなかったはずです。

 

もし今の自分と同じ証券口座を使用していれば追証を払う必要もなく、必要な金ももっと少なくできていました。

さらにはFXの勉強をしていれば損失が膨らむ前にやめることができたのと、利益を残せていたかもしれない。

 

では、あなたの場合はどうしたら良いか?

それは、追証がなく、必要なお金も少ない証券会社で取引を始めることです。

そして大事なことは、勉強をしてからFXの取引を始めることです。

 

証券会社の開設は下記から

 

FX初心者が3分で出来るMT4の登録・ダウンロード方法

 

FXの勉強方法に関しては下記から勉強をしてください。

 

FX聖杯手法を初心者が5時間で勉強する方法

 

ご質問や相談、私からの情報を今後も受け取りたいという方は下記から登録をしてください。

LINE@

ja.png

 

タイトルとURLをコピーしました