FX初心者でも一瞬でトレンド相場を見つける方法

FX,トレンド相場,レンジ相場 手法

FXを勉強している際に、必ずと言って良いほど言われるトレンドというものを説明をしていきます。ダウ理論の項目ではざっくりと説明をしましたが、今回はダウ理論の中でもトレンドにだけ焦点を合わせて説明をしてきます。そのため、前回よりも専門的になりますので楽しみにしていて下さい。

また、ダウ理論の項目を読んでいない方は下記を見てダウ理論を理解して下さい。

FXでダウ理論を利用しないと必ず損をする?

 

FX初心者でも一瞬でトレンド相場を見つける方法

まずは、トレンド相場とどこで判断をするかをおさらいしていきたいと思います。トレンドとは、高値と安値が更新されている時から、更新をされなくなるまで続いていくものです。トレンド相場は世界中の人が注目をしています。トレンド中であればそのトレンドに逆らう取引をすると、リスクが非常に高いとみんなが考えています(一定方向にずっと進むため、逆らう取引は損失がどんどん膨らむ可能性がかなり高い)そのため、取引をする人が少なくトレンド方向への取引が多くなります。結果としてトレンド方向へ価格がさらに値動きしていきます。

そのトレンド相場を見分ける方法は簡単です。価格が更新をしている部分を探すだけです。基本的には英語のNという時を斜めに倒したような相場のことです。厳密には高値と安値が両方とも更新をしている時です。

 FX,トレンド相場,レンジ相場

チャート画面からトレンドと判断できる瞬間とは

先ほどは、すでにあるトレンド相場を見つけるという説明ですが、これからはトレンド相場ではない状態からトレンド相場になる時を解説をしていきます。

大前提として、高値と安値の更新をした時がトレンド相場になったと判断ができる瞬間となります。

しかし、多くの人は高値と安値を更新したと思った瞬間に取引をして値段が元に戻り、損失を抱えている人がいます。その原因は、更新をした瞬間の認識の違いになります。その超えた瞬間というのは読んで字の如く、一瞬でも前回の高値や安値を超えた時と考えている人が多いです。トレンドと認識をする瞬間の定義を決めたり、変更することでトレンド相場の見誤りは減ります。

私の判断方法になりますが、終値で高値や安値の更新をした時にだけ、トレンドと判断をするようにしましょう。そうすることで、明確になります。さらに、トレンド判断のための更新だけではなく、水平線やトレンドラインのブレイクをしたのか等すべての事柄を終値で考えるようにしました。下記の縦線のようにきちんと終値で黄色の水平線を超えていて始めてトレンドと判断をします。

 FX,トレンド相場,レンジ相場

レンジ相場からトレンドになる瞬間とは?

今回はレンジ相場の後にトレンドになる事例を考えていきます。まずはレンジ相場を判断するために水平線を引けるようになる必要があります。水平線って何?という人や水平線の引き方が分からないという人は下記をまずは覚えてから進めてください。

FXで最強のライントレードのやり方とは?

水平線を引き、レンジ相場と認識できるときはチャンスです。既にあるトレンドとは異なり今からトレンドに変化していきます。

基本的にはレンジ相場が終わるのを待つことです。つまり、水平線を引いていると思いますが下記画像のようにどちらかの水平線を終値で更新する時を待ちます。

 FX,トレンド相場,レンジ相場

その後に再び抜けた水平線の近くまで戻り、水平線方向に長いヒゲをつけた時などはトレンドの押し目部分になる確率が高いためおススメ取引ポイントになります。

三角保ち合いがトレンドの前兆?

高値安値それぞれが前回の価格を超えていることが、トレンドと判断をしていきますが皆さんがおかしがちなミスもあります。それは、高値と安値が共に更新せずに片方だけが更新をしているパターンです。これは三角保ち合いというパターンで、高値と安値のどちらかだけが更新をしている状態をしていることで下記画像のようなものです。この画像ではチェックマークがある方向の安値が更新をしていますが、高値が黄色の水平線で止まっているのが分かっていただけると思います。

 FX,トレンド相場,レンジ相場

画像の通り三角形ですね。角度や大きさに違いがあってもラインを超える時にはトレンド相場に入りやすいです。そのためこの三角形持ち合いを見つけると高確率でトレンド相場になります。この画像で言えば水平線を終値で上に抜けている(ブレイクとも呼びます)ため安値更新+終値ベースで高音も更新したためトレンド相場となります。高値を更新したため、トレンドラインを引く場合は高値を更新したすぐ前の安値通しでラインを引くことが重要です。

また、このような場面では水平線の近くで決済注文が多いためそれを巻き込み一気に上昇へと変わります。短期的に一気に値幅が取れるような相場とも言えます。損切りの位置や利確の価格も読みやすく、三角形持ち合いの更新をしている方の価格の少し外側に損切りを設定し、その2倍を利益確定の基準としておくだけでもある程度使える手法となります。さらに、トレールと呼ばれるやり方(損切りの位置と利確の位置を取引方法にずらすやり方)を使うことで損切りをしても損失にならずむしろ利益になるようなやり方も可能です。

トレンドの終わりの特徴とは?

ここまではトレンド相場を見つけるやり方やその予兆などをお伝えしました。次に覚えてもらうことは、トレンドがいつまで続いていくのかという部分です。

冒頭で軽く触れましたがトレンドは明確なシグナルがあるまで続きます。もっと言うのであれば高値安値共に更新が途絶えた瞬間にトレンド相場が終わります。

この瞬間は人によりますが何度も言うように私の場合は終値で判断しています。

「実際に更新しなくなったら終わりなのは分かる。ただ、どこまで進むかの予想を知りたい」そう言う声を多く聞きます。私自身欲張り過ぎず終わるまで見守れば?と思うのですがある程度予想はしています。

そのやり方は簡単です。水平線を引くだけです。更新をするたびに水平線を、引くことでそこが終わりの目安になります。更新するたびに利確と損切りの位置を変えることで利伸ばし(トレール)が可能になります。

まずは下記画像を確認して下さい。