FXで値動きが変動するたった1つの理由

手法

FXで取引をした時になんで反対に価格が進むんだろう

どうして自分が引いたラインが効かないんだろう

なんで自分の予想通りの値動きにならないんだろう

 

こんな風に値動きを予測、予想できないあなたに向けて伝えます。

まずはFXでの値動きが起きる理由から考えていきましょう。

 

FXに値動きが起きることで収益になる理由は下記で下記で解説をします。

 

FXの2つの損益の仕組みを理解して成功する方法

 

その後に予想の仕方を伝達していきます。

理論と感覚値両方ともを、簡単に考察していきます。

 

FXで値動きが変動するたった1つの理由

値動きが発生する理由というのは、需要と供給の関係です。

砂漠で喉が渇いて死にそうな時には、水は1万円でも欲しいと思うはずです。

 

そこで1万円で売る人がいれば売買が成立します。

 

つまり、簡単に言うと取引が発生をすると値段が変動します。

その取引がされればされる程、値動きが大きく変動をしていきます。

値動きが発生するたった1つの理由とは、この取引になります。

 

例えばタバコが値上げをされたり、消費税が増税される時、あなたは「高くなるなら安いうちに買っておこう」と買い物をすると思います。

 

その影響から値段が変動します。

Nintendo Switchも同様に需要が高いため高額で取引をされたり、プレミアが付いた服なども普段よりも高額だったりしますよね?これが値動きが発生する理由です。

物やサービスと為替も同じです。

 

もっと言うならば為替価格は信用の価格です。

日本が将来いい国になると分かっていれば、日本円の価値が高くても日本円を保有したいと思うはずです。

持っていれば将来高額で交換できるので利益になりますよね。

 

反対に誰もお金を信じなければ価値はなくジンバブエドルのようにただの紙切れ同然になります。

 

私は国の価値が無くなることはありえないと思うので、為替を用いた取引は一生無くならないと考えています。

また、価格の変化が読めるようになれば為替価格だけではなく、時計や株、ビットコインなどの仮想通貨の変動でも利益を得ることができます。

 

仮想通貨も取引ができる私が使用している証券口座は下記になります。

XMで取引をする12のメリットと3つのデメリットまとめ

 

FX 値動き 理由

 

価格を変動させるための取引が発生する理由

では、実際に値動きが起きる理由の取引について分類分けをしていきます。

 

①輸出入や外国での仕事

②緊急事態 地政学 戦争 天災 テロ、政策発表

③ファンドや個人投資家

 

以上の3つに分けられると考えています。

 

外国との輸出入をするような国際的な企業での給料の支払いなどでの通貨の取引。

そして、テロや地震、北朝鮮のミサイルなどでの日本の危険度からの信頼問題による取引。

最後はあなたや私他には企業のファンドなどによる取引になります。

 

以外と身近な理由でびっくりしませんか?

遠い存在のように考える人が多いですが、冷静に考えてみると通貨です。

その通貨での取引をすることで変動が起きるとすると、海外とのお金のやりとりが発生する理由を考えてあげるだけで変化します。それではもう少し詳しく話をしていきます。

 

①輸出入や外国での仕事

外国とのやりとりと考えると1番分かりやすいのが、国際間でのお金のやり取りになります。

あなたが知っている企業も実は本社が外国にあったり、海外支社などがあることは意外と多いです。

 

さらに、今の時代日本のアルバイトを使用するよりも海外のアルバイトを雇う方が場所にもよりますが低賃金です。

 

つまり、その給料の支払いが発生する期間は取引があり変動します。

海外との貿易や給料などの癖をつかむことで予測がしやすくなります。

 

②緊急事態 地政学 戦争 天災 テロ、政策発表

これらに関しては人間の手には追えない部分と人間により起こされたものと分けることができます。

 

テロやミサイルの発射などによる人間の不信感を煽るような行為で国の信頼は大きく変動します。

 

簡単な話で日本は法律を全て辞めてミサイルを連発したらどうですか?

なんてことになれば誰も日本に行きたくはないですし、私たちも日本から海外に移住したくなりますよね?

それが信頼というものです。

 

そして、今のように「日本はこうしていきます」「日本は増税します」というような政策発表は全世界で影響を及ぼします。

もちろん選挙のようなものや総理大臣の発言に関しても同様で、FXでは経済指標と呼ばれたりもしています。

 

③ファンドや個人投資家

最後は取引での利益を欲しがり取引を行う人たちの取引になります。

これらは、これからあなたが行なっていく部分なので詳しく説明を行なっていきます。

 

まず、ファンドとは何かというと人のお金を預かり、まとめて取引をする人のことです。

機関投資家とも言われるケースもありますが、ファンドの取引を行う人と覚えていただければいいです。

 

大事な部分は資金力がかなりあるということです。

個人投資家とレベルが違い、かなりの金額の取引をするため値段がかなり変動することがあります。

 

これからあなたはこういったプロと同じ土俵で勝負をすることになります。

分かりにくい方はドラゴンボールの天下一武道会に参加して孫悟空と戦わなければいけない状況を想像してください。

 

あなたがベジータならなんとか勝てるかもしれないですが、あなたがクリリンやブルマのような戦闘力では勝てないですよね?

 

いろんな人や国、企業が参加しているこの為替で勝ち続けることは難しいです。

しかし、今回覚えた値動きの理由を覚えて、これからはその値動きを予想することをしていきましょう。

 

この値動きの分析が行えると、ベジータや孫悟空の動きに合わせて自分も動けるのでおこぼれとして、取引で利益を見込めます。

 

FX 値動き 理由

 

FXの値動きの理由から未来を予測する

値動きを予想、予測できる人たちがほとんどのこの為替であなたは戦うことになります。

そこで大事なことは、資金力ではなく、相場分析です。

 

もっと言うと先ほどから話をしている値動きです。

 

この値動きを予想していき、臨機応変に対応を進めていきましょう。

そうすると、大口金額を投入する投資家がどう判断したのか、これからどこで取引をするかが予想できます。

 

実際に個人投資家や大口の投資家が取引を進めるにあたり、どのように(為替)相場を予想しているのかを説明していきます。大きく分けると分析の方法は2つになります。

 

①ファンダメンタルズ分析

②テクニカル分析

 

これらの違いは簡単でチャート画面だけを見るか見ないかです。

私は①と②の割合は5%:95%くらいの割合になります。

 

基本的に先ほど話をした取引をする理由の全てが値段に現れると考えているので、チャート画面を自分は重視しています。

ではそれぞれを説明していきます。

①ファンダメンタルズ分析

これは先ほど簡単に話をした経済指標と呼ばれるものをもとにして取引する分析方法になります。

東日本大震災やミサイルは予想ができませんが、選挙や要人による発言は期日が決まっています。

 

そこでどのような傾向にあるのかを分析をして取引を行うものを指します。

毎週第1金曜(第2の時もたまにあります)を狙って取引をする人が私の知り合いでいます。

 

その方は毎月1回の年12回だけ取引を行い収入を得ている人もいます。

 

私が確認をしている経済指標のサイトは下記になります。

investing.com

②テクニカル分析

テクニカル分析はシンプルでチャート画面だけで分析をする方法になります。

 

初期設定で表示がされている時間と値段がだけで分析をする人、インジケーターを使用する人、自分でラインを引いて取引をする人などもいます。

 

私はテクニカル分析が好きで自分でインジケーターや自動売買なども作成しています。

 

また、基本的に①と②を両方使用する人が多いように思います。

経済指標の前後は避けるという使い方で、それ以外は全てテクニカルと言う方が多いです。

 

ファンダメンタルズ分析はどこが何に影響を与えるのかを考えないといけないため、国の時代背景や勢力、さらには、特色なども考える必要があります。

 

反対にテクニカル分析に関しては新しい言語を覚えるようなもので、単語を覚えて文法を理解すると使いこなすことができます。

 

 

価格という単語とその値動きの理由が分かり、あとは分析方法が分れば値動きを予想することができます。

それらができれば、もうあとは取引をするだけです。

 

テクニカル分析としての第一歩としてまずは価格を見やすくしたローソク足から勉強していきましょう。

FX初心者がローソク足で月37万稼げる3つの理由とは

 

ご質問や相談、私からの情報を今後も受け取りたいという方は下記から登録をしてください。

LINE@

ja.png

タイトルとURLをコピーしました