PC版 MT4の操作・設定方法まとめ

証券会社

FXをパソコンで行う際、多くの方がMT4を使用していると思います。

そのMT4の操作方法や便利な設定方法をお伝えしていきます。

 

まずは、MT4をダウンロードしていきましょう。

FXで必須のMT4ダウンロード・ログイン方法

 

それでは内容に入っていきます。

 

ツールバー関連

まず、基本的にほとんどの内容は

ツールバーを使用することで、大体解決をしていきます。

MT4 操作方法 ツールバー

ツールバーは自分のいらないものを消して、必要なものだけを表示することができます。

チャート画面の上にあるたくさんのアイコンの集まりを【ツールバー】と呼びます。

 

ツールバー設定方法

①【表示】→【ツールバー】

 

MT4ツールバー 

②表示させたいものにチェック

 

これでツールバーのジャンルごと

表示・非表示が選べます。

 

ジャンル簡単解説

・標準   →操作が楽になる

・チャート →1番使う機能が多い

・ライン等 →オブジェクト関連

・時間足  →時間足の変更

 

③ツールバー上で右クリック【カスタマイズ】

ジャンル内にある邪魔なものを消すことができます。

 

おすすめツールバー設定

私のおすすめの設定をお伝えしますが

それよりも先に他の機能を知りたい方は

こちらをクリックしてください。

 

MT4 操作方法 ツールバー

最低限の機能のみ使用して

邪魔なものを消しています。

 

標準にはターミナルで取引や履歴を見て

チャートには拡大・縮小とチャートの整列をして分析に使います。

 

過去検証用に自動スクロールを用意という考えです。

ライン等には、取引手法である水平線と、pipsを測るのに便利な【十字カーソル】を用意。

 

解説用に矢印を表示させています。

時間足は、使用する最低限だけにしています。

 

理由としては、時間足を制限することで

「◯分足は上方向なのに日足が下」ということを減らすためです。

 

次に設定項目を伝えていきます。

あなた自身が何が必要かわからないという方は、

下記の私のおすすめ手法を学びながら設定も合わせることをお勧めします。

 

FX聖杯手法を初心者が5時間で勉強する方法

 

設定項目おすすめ紹介

設定に関しては、大きく分けて

・オプション関連

・プロパティ

の二つになります。

オプションは機能的なものの設定でプロパティは見やすさの設定です。

それぞれおすすめを記載していきます。

 

チェックをしたり、数値をダブルクリックで変更していきましょう。

 

オプションのおすすめ設定

設定方法は、ツールバーの上にある

【ツール】→【オプション】で変更可能です。

 

MT4 操作方法 オプション サーバー

①サーバー

MT4 操作方法 オプション サーバー

②チャート

MT4 操作方法 オプション チャート

③エキスパートアドバイザ

MT4 操作方法 オプション エキスパートアドバイザー

1番下のweb requestは

LINE通知を利用する方以外は設定不要です。

 

プロパティのおすすめ設定

プロパティの変更方法は、チャートで何も表示がない部分で

【右クリック】→【プロパティ】で変更が可能です。

MT4 プロパティ設定変更方法

設定のおすすめに関しては下記の画像の通りです。

これで見やすさが格段に変わると思います。

これで設定系が終わったので、

次からは、最低限知っておくべき機能を解説していきます。

 

MT4での取引方法と履歴解説

MT4は分析以外に取引を発注することができます。

実際に取引の操作方法は何個かありますし、

取引の注文の方法も複数あります。

 

ここでは記載しきれないため、

別のページで最低限覚えてほしい

2つの取引方法をまとめています

 

また、同時に取引の履歴の確認方法に関しても記載しています。

 

FXで絶対に覚えてほしいMT4の2つの簡単な注文方法

 

便利ツールまとめて解説

ここからは取引や分析において、私が使用している便利な機能や

多くの方が使用している基本的なものをお伝えしていきます。

 

時間足の簡単変更方法

チャートの分析では、多くの時間足から総合的に判断をして取引をしていきます。

その時に時間足の変更が面倒に感じない方法は、先程お伝えした

【ツールバー】から、直接変更したい時間足をクリックするやり方です。

こちらの部分をクリックするだけですね。

MT4 操作方法 ツールバー 時間足

インジケーターの追加・削除・編集方法

インジケーターの追加方法は複数あります。

 

①【ツールバー】→【ナビゲーター】

から探す方法

②【挿入】→【インディケーター】

から探す方法があります。

 

それぞれ選択をすると、最初に下記画面が表示されそこで編集ができます。

インジケーターにより、設定項目や内容が変わるため注意をしてください。

 

設定後【OK】をクリックでチャートに表示されます。

また、編集の方法も複数あります。

MT4 操作方法 インジケーター

①【チャート】→【表示中のインジケーター】

②チャートに表示されているインジケーターをダブルクリックする

③チャート画面上で【右クリック】→【表示中のインジケーター】

と複数ありますが、全て下記画面になります。

MT4 操作方法 インジケーター

この画面でインジケーターを、ダブルクリックで編集が可能となります。

また、選択した状態で右の削除でインジケーターを消すことができます。

 

オブジェクト追加・編集・削除方法

オブジェクトは、インジケーターではなく自分で描写をするものになります。

私自身が水平線を用いた手法を使うことが多いのですが、

他にはトレンドラインやフィボナッチなどもあります。

 

オブジェクトは、

①【ツールバー】→【アイコン】

MT4 操作方法 オブジェクト

②【挿入】→それぞれ選ぶ方法があります。

 

アイコン選択時は、カーソルが変更しますので

表示させたい位置でクリックをしましょう。

 

編集と削除の方法は、インジケーターと同じです。

【チャート画面】→【表示中のライン等】

から消したいものや編集したいものを選ぶだけです。

 

ウインドウの整列がチャートを綺麗に並べる

こちらは、最初にチャートを複数表示した際に綺麗に並び替えてくれるボタンです。

やり方は、【ツールバー】→【アイコン】MT4 操作方法 ウインドウ整列

もしくは、【ウインドウ】→希望するのものを選択

から可能になります。

 

新規チャートを複数たてた時などにこちらを使用してください。

新規チャートは【ツールバー】もしくは【ウインドウ】から表示が可能です。

 

十時カーソルでpipsを把握しよう

こちらは知らない人が実は多い機能です。

【ツールバー】の十字マークから可能になります。

クリックしながら移動をすると数値が三つ出てきます。

MT4 操作方法 オプション チャート 十字線

MT4十字カーソル

左から

①移動前からドラッグ後の足の本数

②ドラッグ前の価格からのpips差

③ドラッグ後の価格

 

損切や利確までの距離を決まっている時に、Lotを計算する際非常に便利です。

 

提携チャート保存で設定が楽になる

こちらは、一つのチャートでインジケーターや自動売買などの設定を完璧にした際、

他のチャートにも同じことをするのは大変ですよね。

その際に、この設定をしておくと非常に楽になります。

MT4 操作方法 提携チャート

やり方は、設定を完了したチャートで

【右クリック】→【提携チャート】

 

【提携として保存】をすることで名前を変えて保存ができます。

【提携を削除】で保存したものを消します。

【設定した提携チャート名】を選ぶと

同じ設定になります。

 

最後に

こちらでは、一般的な設定や、操作方法をお伝えしました。

カスタマイズがしやすいため、

あなた好みの自分に合ったものを

見つけていきましょう。

また、カスタマイズされた

システムなどを導入したい方は

下記のページから設定方法を覚えてください。

MT4にインジケーターや自動売買システムを設定する方法

タイトルとURLをコピーしました