MT4にインジケーターや自動売買システムを設定する方法

MT4,FX,インジケーター,設定方法,自動売買,EA 証券会社

これから私と同じチャート画面にしたい方や、新しく見つけたインジケーターやテンプレート・自動売買等のシステムのやり方を説明していきます。

 

せっかくシステムを手に入れたのに入れ方がわからない人や私の動画や他の記事のようなチャート画面にしたいがやり方がわからない人はその悩みから解決します。

 

何度かやると体が覚えるので、何回も繰り返し読みながら実際に操作をしていきましょう。

 

ここでつまずく人が多いのでそれぞれ画像を表示してます。

 

これを見て「わからない」「できない」場合は質問をしていただければと思います。

また、まだMT4をダウンロードしていなかったり、証券会社に登録をしていない方は下記から読み進める前に行わないと話についていけなくなるので確認をしてください。

 

FX初心者が3分で出来るMT4の登録・ダウンロード方法

 

それではこれから実際にやり方をWindows版とMac版と両方に分けて説明をしていきます。

 

 

windows版

①まずはMT4を開き左上の「ファイル」をクリック後「データフォルダ」をクリックする。

 

MT4ファイル

 

②テンプレート(tplファイル)を入れる場合「templates」をクリック後そこにファイルを移動させる。

 

MT4 フォルダ テンプレート template

 

③インジケーター(ex4ファイル)を入れる場合は「templates」の表示がある画面に戻り「MQL4」をクリック後「Indicators」をクリックしてそこにファイルを移動させる。

 

MT4 フォルダ MQL4 indicators

 

MT4 フォルダ MQL4 indicators

④自動売買(ex4ファイル)を入れる場合は

「templates」の表示がある画面に戻り「MQL4」をクリック後「Experts」をクリックしてそこにファイルを移動させる。

 

MT4 フォルダ MQL4 Experts 

 

Mac版

①Finderを開き最上部に出る「移動」を「optionキー」を押しながらクリックする。

そこからライブラリをクリックします。

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

②「Application Support」をクリックします

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

③「XM」と表記のあるものををクリックします。(ダウンロードの時期で表記が変わる可能性がありますが無視して大丈夫です)

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

④次に「drive_c」をクリックします。

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

⑤「Program Files」をクリックします。

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

⑥「XMTrading MT4」をクリックします

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

⑦テンプレート(tplファイル)を入れる場合「templates」をクリック後そこにファイルを移動させる。

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

⑦インジケーター(ex4ファイル)を入れる場合は「templates」の表示がある画面に戻り「MQL4」をクリック後「Indicators」をクリックしてそこにファイルを移動させる。

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

⑦自動売買(ex4ファイル)を入れる場合は

「templates」の表示がある画面に戻り「MQL4」をクリック後「Experts」をクリックしてそこにファイルを移動させる。

 

Mac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XMMac mt4 ライブラリ 開き方 フォルダ XM

 

システムの表示方法

(1)インジケーターの表示方法

①MT4を開きます。その後画面上部の「表示」をクリックします。

 「ナビゲーター」をクリックすると左側に下記のような画面ができます。

MT4 XM 表示 ナビゲーター

②「インディケータ」の下の方に「導入したインジケーター」が

  表示されるのでクリックをすると表示が可能になります。

xm mt4 表示 ナビゲーター インジケーター エキスパートアドバイザ

 

(2)テンプレートの表示方法

①MT4を開き、画面上部の「チャート」をクリックします。

②真ん中あたりに「定型チャート」があるのでそこにカーソルを合わせます。

③右側に「導入したテンプレート」があるのでクリックをすると表示がされます。

MT4 XM チャート 定型チャート テンプレート

 

(3)自動売買システムの表示方法

①MT4を開きます。その後画面上部の「表示」をクリックします。

 「ナビゲーター」をクリックすると左側に下記のような画面ができます。

MT4 XM 表示 ナビゲーター

②「エキスパートアドバイザ」の下の方に「導入した自動売買システム」が

  表示されるのでクリックをすると表示が可能になります

 xm mt4 表示 ナビゲーター インジケーター エキスパートアドバイザ

私のチャート画面と同じ表記にする方法

 

こちらからダウンロード

 

まずは上記からシステムをダウンロードをしてそれをテンプレートに上のものを見ながら実際に行って見ましょう。

なんども見返してみてもできない時はいつでも相談や連絡をしてきてください。チャートで設定をしたら下の画像のようになれば成功です。

 

mt4 Mac Windows チャート画面 XM

 

私の設定ではモノトーンで黒背景にすることで個人的に目が疲れにくくなったと思います。

また、画面に表示されている画面でのローソク足の本数で取引を行うかの判断も行なっているので「どこまで過去を見ればいいかわからない」と言う人はこちらを参考にしてください。

 

独自のインジケーターやシステムなどを入れる際には、こちらの手段を使用していくことで今後の投資家生活がかなり激変します。

ただ、大事なことはシステムなどに頼りすぎずに自分で値動きを読むことです。

そのことを忘れずに他力本願すぎずに自分の力をつけることを意識して行きましょう。

 

ご質問や相談、私からの情報を今後も受け取りたいという方は下記から登録をしてください。

LINE@

タイトルとURLをコピーしました